Sa design office
 

 
 
 

PROFILE


 
時を経ても輝きを失わない建築を作りたいと考えています。
暮しの様式に馴染み、気候風土を理解し、敷地や地域の特徴を活かすことが大切です。
ゆっくりと希望をお聞きし、敷地をよく観察し、納得のゆくまで検討を続けています。


代表 小倉 寛征 
  
一級建築士 登録番号:294486 
BIS-M 登録番号:M02835 
日本建築学会会員 
日本建築家協会会員 
北海学園大学非常勤講師(2008~) 
北海道大学非常勤講師(2008~) 
 
2017年 JIA北海道建築大賞 審査員特別賞
2015年 建築研究所地域住宅賞 奨励賞
2012年 赤レンガ建築賞 最優秀賞 
2011年 北方型住宅賞 最優秀賞 
2010年 きらりと光る北の建築賞 
2008年 赤レンガ建築賞 奨励賞  
2006年 北方型住宅賞 奨励賞  
2004年 北海道建築賞 奨励賞 
2004年 Sa design office 設立 
1997年 設計事務所にて勤務 
1991年 北海道大学で建築を学ぶ 
1971年 埼玉県鴻巣市に生まれる


設計室長 千葉 純子 
  
一級建築士 登録番号:298800 
BIS 登録番号:03493 
  
2015年 芦別市道営住宅新築工事集会所 
     プロポーザル最優秀賞
2014年 下川町まちおこしセンター 
     プロポーザル最優秀賞
2012年 豊富小学校改築工事 
     プロポーザル次点
2012年 一の橋バイオビレッジ構想 
     プロポーザル次点
2011年 豊富町定住支援センター 
     プロポーザル3等
2004年 Sa design office 設立 
1997年 設計事務所にて勤務 
1991年 北海道大学で建築を学ぶ 
1972年 北海道小樽市に生まれる


技術顧問 髙松 康二 
  
建築設備士 
技術士(総合技術監理部門・衛生工学部門) 
1級管工事施工管理技士 
(公社)空気調和・衛生工学学会技術フェロー 
(一財)省エネルギーセンター認定エネルギー診断プロフェッショナル 
  
北海道科学大学大学院非常勤講師(2009~) 
北海学園大学大学院非常勤講師(2010~) 
北海学園大学非常勤講師(2013~) 
(一財)省エネルギーセンターエネルギー使用合理化専門員(2011~) 
  
2015年 Sa design office 技術顧問 
2014年 たかまつ技術士事務所開設 
2014年 株式会社ドーコンを定年により退職

ADDRESS


 

 
株式会社エスエーデザインオフィス一級建築士事務所
 一級建築士事務所 登録番号:(石)第6251号
札幌市中央区大通西二十六丁目1-18円山アーク301
 地下鉄東西線「円山公園駅」5番出口より徒歩1分
TEL:011-213-7636 / FAX:011-213-7636
e-mail:ogura@sa-design.jp
URL : http://www.sa-design.jp/

RECRUIT


■スタッフ募集
エスエーデザインでは現在、設計スタッフ若干名を募集しています。お電話またはe-mailにてお問い合わせ下さい。
■アルバイト募集
随時受け入れ中。
履歴書、ポートフォリオ(A3サイズ)を郵送してください。内容を拝見し、1週間以内にこちらからご連絡を差し上げます。
■インターンシップ・オープンデスク募集
随時受け入れ中。
名前、所属、連絡先、PRなど記載しメールをお送り下さい。1週間以内にこちらからご連絡を差し上げます。

Publication


■現代板金建築 北海鋼機デザインアワード記念誌編集委員会 共著
■ Replan112 「あいの里のフラットハウス」
■ みんなで30年後を考えよう北海道の生活と住まい  30年後の住まいを考える会 共著
■ 北海道建築作品発表会作品集2014 「白い箱庭の家」
■ Replan北海道 2015冬春号臨時増刊 「上名寄の木箱の家」
■ センターリポート 188号  「森とイエ」
■ 北海道建築作品発表会作品集2013 「シモカワブラン」
■ 北海道の現代建築02 「夢工房」「小さな老人ホームかざぐるま」
■ Replan102 「白い箱庭の家」
■ センターリポート 184号 「夢工房」
■ 北の住まいを建築家とつくろう Vol.5 「中札内のフラットハウス」「Leaf house」「神社山の家」
■ 北方型住宅をデザインする 「中札内のフラットハウス」「青葉町の曲り家」「アツベツの森の家」
■ 北海道建築作品発表会作品集2012 「サロベツマイハート 夢工房」
■ 第2回北方型住宅賞応募作品集 「中札内のフラットハウス」
■ センターリポート 179号 「中札内のフラットハウス」
■ 建築技術2012年1月号 「青葉町の曲り家」
■ 北海道建築作品発表会作品集2011 「神社山の家」
■ Replan94 「中札内のフラットハウス」
■ 渡辺篤史の建もの探訪 秘蔵版 第2巻 「マオイの丘の家」
■ Replan 関東版 vol3 「Leaf house」「十勝のコートハウス」
■ 北海道建築作品発表会作品集2010 「Leaf house」
■ Replan90 「Leaf house」「十勝のコートハウス」
■ 住まいnet北海道 vol27 「旭川のフラットハウス」
■ MY HOME 100選 Vol7 「アツベツの森の家」
■ 住宅建築5月号 「アツベツの森の家」
■ 北の住まいを建築家とつくろうVol.4 「十勝のコートハウス」「アツベツの森の家」
■ 北海道建築作品発表会作品集2009 「手稲のステップハウス」「旭川の家」
■ 住まいnet北海道vol23 「桑園の並び家」「アツベツの森の家」「イザリ川の長い家」「十勝のコートハウス」
■ SUMAI no SEKKEI 2009/11月号 「札幌の建築案内」
■ 住まいnet北海道vol22  「アツベツの森の家」
■ 渡辺篤志の建もの探訪BOOK 「マオイの丘の家」
■ センターリポート 168号 「小さな老人ホームかざぐるま」
■ 新しい住まいの設計2009年2月号 「アツベツの森の家」
■ 北海道建築作品発表会作品集2008 「アツベツの森の家」
■ MY HOME 100選 Vol3 「マオイの丘の家」
■ リプラン2008年夏秋号 「アツベツの森の家」
■ MY HOME 100選 Vol2 「イザリ川の長い家」
■ 北海道建築作品発表会作品集2007 小さな老人ホーム「かざぐるま」
■ リプラン2007年秋冬号 「上野幌の家」
■ センターリポート 「上野幌の家」
■ 北の暮らしデザインします8 「丘珠の家」
■ 新しい住まいの設計2007年3月号 「イザリ川の長い家」
■ 北の住まいを建築家とつくろうVol.3 「マオイの丘の家」「上野幌の家」
■ 北海道建築作品発表会作品集2006 「上野幌の家」
■ 渡辺篤志のたてもの探訪 「マオイの丘の家」
■ 北海道の注文住宅2006年秋号 「マオイの丘の家」「イザリ川の長い家」
■ 新しい住まいの設計2006年2月号 「マオイの丘の家」
■ 北海道建築作品発表会作品集2005 「マオイの丘の家」
■ 新建築住宅特集2005年6月号 「マオイの丘の家」
■ リプラン2005年夏秋号 「丘珠の家」
■ 北海道建築作品発表会作品集2004 「丘珠の家」

Question and Answer


Q:設計費用はどれくらいかかりますか?
A:工事費の10%~12%程度(最低設計料200万円(税別))を目安にご検討ください。
 規模と構造、難易度をもとに設計料を算定しています。詳しくはメールまたは電話にてお問い合わせください。
 また、相談や構想図の作成などには費用はかかりません。お気軽にご相談ください。
 
Q:工事費用はどれくらいかかりますか?
A:おおむね70〜100万円/坪(税別)とお考えください。
 規模や工法、基本性能や設備、建設物価などにより工事費は変動します。
 希望や予算をお聞きしながら無理のない工事費となるように設計を進めます。
 
Q:設計の流れと内容を教えてください。
A:7つの業務を通して家づくりのお手伝いをします。
①土地探し
候補となる敷地を一緒に見学し、敷地別の計画イメージを提案などにより敷地選定のお手伝いをいたします。
②基本設計
打ち合わせにより設計条件を整理し、設計の方針を決める段階です。
基本設計では主に一般図(平面、立面、断面、仕上げ)を作成していきます。
間取り、仕上げ、使用材料、構造などを、模型やCG、図面により検討します。
③実施設計
基本設計の内容を踏まえ、詳細の使い勝手や工事見積もり、各種申請に必要な図面を作成する業務です。
一般図の他に詳細図や家具図、構造図などを作成していきます。
④工事契約の補助
信頼できる施工業者の紹介、工事見積もりの手配、査定、工事契約のお手伝いします。
⑤設計監理
図面、契約内容の通りに適正に工事が行われているかを検査、確認する業務です。
施工業者との定例打ち合わせにより、施工状況・工事工程の確認を行います。
施工業者作成の施工図、承認図をチェックします。
⑥申請、各種検査
建築確認申請などの建設にかかわる申請業務や役所の検査の立会いを行います。
⑦アフターケア
引渡し後の点検を施工業者と一緒に行います。
 
Q:打合せはどのように行うのでしょうか?
A:設計段階では月2回程度を目安に打ち合わせを行います。
 できるだけ直接お会いしての打ち合わせを心がけておりますが、遠隔地の場合にはメールや電話による打ち合わせも可能です。
 札幌や札幌近郊以外でもお気軽にご相談ください(もちろん北海道以外での設計も可能です)。